婚約指輪で人気のダイヤモンドについて

ダイヤモンドの婚約指輪といえば、定番中の定番であり、そして人気のデザインなのですが、ダイヤモンドが人気があるのはどうしてなのでしょうか?また、どんなダイヤモンドが使われるのでしょうか?婚約指輪とダイヤモンドがセットになったのは実はかなり古い昔の話です。

1456年にダイヤモンドの研磨ができる様になったころから、王家の婚約指輪はダイヤモンドがあしらわれた物になったそうです。

しかし、庶民にはまだまだ手の届かない存在であり、一般的に広まったのは19世紀になってからです。

日本でダイヤモンドの婚約指輪の人気が高まったのは1980年代とかなり歴史は浅いです。

ダイヤモンドが婚約指輪に選ばれた理由とは、それはダイヤモンドが宝石の何にも負けない高い価値を持つこと、そして永遠に輝きがなくならないということから、二人の愛が永遠に続く様にという想いが込められているからといわれています。

婚約指輪に使われるダイヤモンドは、カラット数やカラーなどの世界基準のグレードを参考にされ選ばれています。

四つの項目があるのですが、それぞれのグレードが高くなればダイヤモンドも高くなり、それらは鑑定書が付けられて、価値を保証されます。

婚約指輪にはある一定のラインのグレードより劣らないものが多く選ばれます。

婚約指輪で人気のダイヤモンドは、無くなることのない永遠の輝きを永遠の愛に例え、そして一定のグレードである価値ある物が選ばれます。