育毛を考えたシャンプーのやり方

髪の毛が薄くなってくると、自分の育毛対策が間違ってるのではないかと考え始めます。

その中心となってくるのはシャンプーだと思うのです。

いま、スカルプDというシャンプーの口コミが広まっています。

頭皮の状態を清潔な状態で維持していくのは基本的なことであり、ここから薄毛対策が始まっています。

シャンプーなんて小さい頃から何度もやっているので簡単だと思っていますが、育毛のことを考えて行けば慎重にやるべき作業である事が分かってきました。

まずは、シャンプーをする前に髪の毛をブラッシングするのです。

これは、フケやホコリなどを取り除くという工程であり、これをやらないでいると、シャンプーの中にホコリやフケなどが入ってしまい、泡立ちが悪くなってしまうのです。

シャンプーに頼るのではなく、除けるホコリは最初のうちで取り除いておくという考え方になります。

それから、軽くぬるま湯で髪の毛を流すのですが、濡らす程度ではなく、すすぎのような感じで大量のぬるま湯で一度洗うのです。

ここでも、簡単な汚れを取り除くのです。

そして、やっとでシャンプーをつけるという事。

この時には頭皮に直接シャンプーをつけるのではなく、手のひらで必要な分量を出してたっぷり泡が出るまで泡立てるのです。

泡が大量になってきたところで頭皮につけて、マッサージしていきます。

この時に、爪を立ててマッサージすると切れ毛の要因になるし、毛根にもダメージを与えてしまうので、指を立てずに腹の部分で頭皮を揉むようにマッサージしながら汚れを落としていくのです。

その後、大量のぬるま湯で残らずシャンプーを流していくという行程になります。

簡単なやり方ですが、これが出来ていないと抜け毛の要因となってしまうのです。

、一度スカルプDの口コミサイトを見てみるのも必要だと思いました、